SSL化代行 webサイト(ホームページ)・WordPress

WebサイトのSSL化

常時SSL化でSEO向上?

2017年10月にリリースされた、Google Chromeのバージョン62より、入力フォームが存在するWebページがSSL化していなかった場合、入力フォームの内容にかかわらず、必ず「保護されていない送信」という警告が表示されるようになりました。
また、2018年7月にリリースとなったバージョン68では、SSL化していなければサイトURL横に「保護されていない通信」という警告が表示されています。この表示によりセキュリティに詳しくないユーザーに対して警戒心を与えることになります。

さらに、Googleは常時SSL化している場合は優先的に検索結果に表示させると明言もしています。
すなわち、SSL化=SEO向上に繋がるのでは?と考える方も多いと思います。現に私も思いました。

ただ、実際のところは、SSL化はあくまでもサイトを評価する一指標です。
常時SSL化すればユーザーに警戒心を与えるリスクはなくなり、不要な離脱は防げますが、SSL化(HTTPS化)しただけで順位がポンと上がるわけではないのです。

SSLとは、インターネット上の通信を暗号化する技術のこと。

例えば、糸電話をイメージしてください。
声を伝える糸に別の糸を繋げると会話の内容を盗聴できてしまいますよね。
それと同じで、インターネット回線を介したネット上のやりとりは、傍受される恐れがあります。

ですが、その会話の内容が暗号化されていたらどうでしょう?
意味の分からない暗号だと内容を知ることはできません。

SSLとはまさにその「やりとりされる情報を暗号化する技術」のことを指します。

常時SSL化は、セキュリティリスクに対処できますが、特定箇所のみにSSLサーバ証明書を導入しても同じウェブサイト内に非SSL(HTTP)ページが残っていると安全ではないサイトと認識されます。
このことからログインページやフォームなどの特定のページだけをHTTPSにするのではなく、すべてのページを暗号化して常時SSL化をすることがユーザーへの警戒心を解き、サイトの信頼へと繋がります。

SSL化代行の詳細はこちら »

ご相談のみの場合、料金は不要です。

ショップ開業のご相談のみでも歓迎
自社スタッフ様やご自身で制作される際の、不明な点のご相談のみでも結構です。
お気軽にお問い合わせください。

お客様からよく伺う話

問い合わせを機に、しつこく営業や電話があり困っているという声をよく伺います。
「フリッパーデザインは開業以来、そういった営業は一切行っておりません」

フリッパーデザインは、お客様のサポーターとして、パートナーとして業務を行っております。
ご依頼いただいた件には徹底したサポートを行いますが、お客様で完結できる作業は、お客様の方で行っていただけるようアドバイスだけさせていただきます。

制作後の徹底したサポート

机上の論理ではなく、楽天ショップ運営の経験で得た生きたサポートを行います。
運営中の突然のトラブル対応なども対応いたします。
ネットショップ運営が初めての方もご安心ください。

ネットショップや自社サイト運営でお困りの際は、問題解決のため有効にご利用ください。