WordPress ワードプレス でホームページ制作

企業様サイトから個人様サイトまで、多数の制作実績があります。

WordPress ワードプレス

WordPress(ワードプレス)でWEBサイト構築

オリジナルホームページを企画制作

フリッパーデザインシステムズは、通販サイト制作だけではありません。
企業様 大規模サイトから個人様サイトのまで、多数のWebサイト制作実績があります。

WordPress ワードプレスでホームページ・ブログ制作

WordPress(ワードプレス)の概要

ブログソフトウェアでは、かつて日本国内で高いシェアを誇ったMovable Type(ムーバブル・タイプ)も、現在では、GPLオープンソースライセンスのWordPressが日本を始め世界中で圧倒的な高いシェアを得ています。
WordPress(ワードプレス)がおすすめの理由の一つとして、Movable Type(ムーバブル・タイプ)の商業利用ではライセンス料金がかかり、WordPress(ワードプレス)はライセンスフリーなので、無料で導入できることがあり、WordPress(ワードプレス)は、商用利用でもライセンス料金が発生しないので、コストを抑えることができます。

おすすめの理由はそれだけではありません。
WordPress(ワードプレス)の場合、インストール直後からGoogleに理解してもらいやすい構造をしており、また、プラグインを導入することによって更SEO的な観点から見た際の強化を行うことが容易に可能となっています。
※SEO的な観点から見た際、Movable Type(ムーバブル・タイプ)が必ずしも劣っているということでなく、シェアを取ってしまった1番のものに多くの人や情報・技術が集中し、進化していくためだと思います。

ブログソフトウェア – WordPress(ワードプレス)でサイトを構築するメリット

  • 独自ドメインでの運用が可能。
  • ソフトウェア自体は無料で利用可能。
  • 個人だけでなく、法人が営利目的に利用可能。
  • レンタルブログサービスでは難しい、豊富なカスタマイズ機能。
  • 豊富なプラグインにより、様々な機能拡張が可能。
  • インストール直後からGoogleに理解してもらいやすい構造になっているため、SEO的に有利。
  • 知識が無くても、文字情報や写真の入れ替えが容易。
  • インターネット接続環境があれば、どこからでもサイトの編集が可能。

WordPress(ワードプレス) 使用 レンタルサーバーについて

低料金でありながら信頼性の高い「さくらのレンタルサーバー」や、ロリポップを始めとする低料金サーバーでも自動インストール機能があり設置可能ですが、WordPress(ワードプレス)を複数サーバーでテストした結果、HTMLサイトも運営する必要があるなら、オールマイティーに使用できるXserver(エックスサーバー)。WordPress(ワードプレス)のみ使用であればXserver(エックスサーバー)のWordPress専用サーバー wpX がおすすめです。

技術的・専門的な詳しい情報は他サイトに多く掲載されており、Xserver(エックスサーバー)と、WordPress専用サーバー wpX では、速度的に目立って変わらないと評されている方も多いようですが、ページ数の少ない小規模サイトでテストした結果、速度面の数値だけではなく、あくまでも体感速度で判断して、このサイトはWordPress専用サーバー wpX で運用しています。

数値で出た、何秒とか、何点とかはわかりやすいのですが、どんな数値よりも体感とか感覚を重視しているため、wpX を選択しました。
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
エックスサーバー

HTMLサイトなら、「さくらのレンタルサーバー」で十分です。
さくらのレンタルサーバ スタンダード